2016年9月25日日曜日

面接で大切なポイント

上半期も終わり、下半期に移る時期。
大切な部下との面接の時期でもあります。
面接のテクニックに関する書籍など星の数ほど
でています。素晴らしい内容に感動してしまいます。
でも、沢山の面接経験から一言。
自分の経験からの超重要ポイント!
「部下が沈黙してしまっても、とにかく待つこと!」
「相手に合わせること。面接者が主役にならないこと」
何よりも大事なこと!
「説得するのではなく、双方が納得できる大事な時間にするよう
心がけること」
そして、超重要なことは「相手を敬う気持ちを持つこと」
まずは、沈黙にも意味がある。とりあえず待ちましょう
最低5秒!


2016年9月19日月曜日

そもそも論

仕事するのに大事な3つのワーク
1.ヘッドワーク
2.フットワーク
3.ハートワーク
3つのワークを大事にし、バランスよく身に着けること。
ヘッドワークばかりの人の口癖は
「そもそも〇〇の意味が分からない」
「そもそも〇〇する必要があるのか」
「そもそも〇〇の仕事か・・・」と
そもそも、そもそも論の発言が目立つ。
会議でこの「そもそも」が始まると議題から外れることが多い。
そんな時心の声で「また、始まったそもそも論」なんて思ってしまう。
仕事は、ヘッドワーク・フットワーク・ハートワーク
の3つワークをバランスよく、三位一体のダイナミックな活動を
仕事と言うそうです。
「そもそも」も大事ですが、3つのワークで最も大切なものは
ハートワークです。
そもそも、そもそも、と言われて答える人の困惑した表情を見ていると
そもそもと言っている貴方のそもそもが分からない。
自分も大いに気をつけよー!と思う今日この頃です。

2016年9月11日日曜日

迷うとき!

決断に迷うとき
「駆け引きのようなやり方を決してしないこと」
「キツネとタヌキのばかしあいのようなやり取りをしないこと」
恩師の言葉が頭をよぎる。

「しょせんタヌキはタヌキ、キツネはキツネ」
「ばかしあいのような腹の探り合いをしている人」
にならないこと。

恩師から沢山のことを学びました。
駆け引き上手な人はしょせん駆け引きで終わります。
大事なことは誰のために何をしたいのか?

やはり、沢山の仕事をこなすより
どれだけ心を込めた仕事をした人を評価しなければなりません。

迷ったとき、自分は何をしたかったのか
そして、なぜ行うのか。

いつも自問自答し考え決断する。
駆け引きのようなやりとりにならないように
恩師が言う「キツネやタヌキ」にならないように
原点回帰です。
迷うときは特に!

2016年9月5日月曜日

優秀とは!

予約時間から待つこと2時間。
「やっと呼ばれたー!」
家族の付き添いで待合室で待つ。
中から申し訳なさそうに聞こえる
医師の声。
「本当に申し訳ありません。お待たせしましたね」
顔は見えませんが、心のこもった医師の言葉に
思わず声をかけたくなりました。
「先生も大変ですね。いつも、いつもお昼も食べずに
午後診察・・・」
待っても仕方ないと思ってしまう。
それに比べ、マスクだらけの事務の方の無機質な声。
てきぱきも大事ですが・・・。
せめて、せめて優しい表情で「大丈夫ですか?」
なんて声をかけていただければ・・・。
「顔は自分のものですが、医療従事者の表情は
患者・家族のもの」ですよ。
「あなたの見せる表情は相手のものです」
ちょっとイラッとしている私は心の声で叫びました。
優秀でてきぱきと仕事をこなすことも大事ですが
優しさに秀でた人が優秀です!少なくも病院では!
仕事の量よりも、どれだけ心を込められたかが重要だと
改めて思いました。
自分も気を付けよう!

2016年8月29日月曜日

事実確認

事実を確認するとき気を付けること。

「誰が正しいのではなく、何が正しいのか」を考える。
「誰が悪いのではなく、何が悪いのか」を考える。

問題勃発!
「まず事実確認」を理由に聞き取りを始める人がいる。
「聞く、聴く、訊く」
それぞれ意味合いが異なります。
心を込めて「きく」=「聴く」を大事にすることです。
事実確認は事情聴取ではありません。
ましてや、犯人探しではないはず!

聴くときのタイミングを大事に
「誰が悪いのではなく、何が悪いのか」を
そして、何のために確認するのかを。

時として、少しの時間を置くだけで
事実確認の糸口が見つかるときもあるはず。

慌てず、騒がす、落ち着いて!
まずは落ち着いて。確認!


2016年8月22日月曜日

根拠・根拠

「その根拠は?」
「データは?」
こんな言葉たびたび聞きませんか?
「確かに確かに」と思うと同時に
「根拠、根拠と尋ねる根拠は?」なんて思う私はあまのじゃくです。
根拠ばかり、データばかり、見える化ばかり。
もっともらしく聞こえるこの質問にげんなりです。
データばかり、数値ばかり追っていると
本質を見失う。
数値化ばかり気にしていると
見える化して見えないものがたくさん!
物事の見える化とは
数値にすることではなく
物事の本質を見抜くことが見える化
なのかもしれません。
見える化にこだわり過ぎると見えない化が進むかも!
怖いですね!

2016年8月14日日曜日

続き

先週の続きをお話しします。
前回では「山本五十六」の大好きな名言を
紹介しました。
今週は、先週の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」
の続きの名言をご紹介します。
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」
人を育てるときに最も大事なことは
年上、年下関係なく、その人を敬うこと。
尊重し信頼すること。
任せることが大切ですね!

「人は育てられたようにしか育たない」
と思っていましたが・・・。
「育て方」が問題ではなく
「育ち方」が重要です。

指導的な立場にある方は
自分の価値観の前に、相手の価値観を考え
相手を理解することから始めることが大切かも。

時として、「相手のため」と言ってながら
自分の考えを押し付けていることは
おせっかいかもしれません。
相手を尊重するとき、やってはいけないこと。
『過干渉』

まずは、相手の思いに耳を傾け、心を寄せ
放置と違う、権限委譲を行いながら、人育て!
人育ての前に、自分育ちが大切ですかね~