2017年6月18日日曜日

質と量

先週、病院機能評価を受審し翌々日に東京出張。
その次の日から北海道で基調講演。
そして、今しがた帰宅。
とても充実していた1週間でした。
体力も限界かなーなんて思いながら
沢山の人との出会いと新しい体験。
ワクワクする未知との遭遇。
真剣に聞いてくださった皆さんに伝えきれなかったこと。
「量は質をカバーできません!質は量をカバーできます!」
全て数合わせではありません。
良質なスタッフは少数精鋭で良いと思います。
なぜなら、人材である人財は数ではなく間違いなく質です。
そして忙しい時ほど信頼できるスタッフを見極められる。
大事なことは「質と量」
やはり量より質かもしれません。
そして、そして大事なこと。
大事な人こそ不在な時に見極められる。




2017年6月6日火曜日

「でも~」と「とりあえず」

新しい事業を始めるとき二つの反応がある。
「でも~」と言って始めたがらない人。
「とりあえずやってみましょうか」と着手する人。
この「でも~」が多い人は成長する機会を逃しているかも。
「とりあえず」が多い人は成功しても失敗しても成長している。
そして何より「でも~」の人はもったいない・・・。
口癖は生き癖になる。でも~はわかりますが
とりあえず始めてみませんか。
始めないことには終わりません。
始めなければ、経験できませんから。

2017年5月29日月曜日

で?

時々思う「で?」
何か尋ねると、「〇〇〇〇△△△・・・・・・・。」
そこで心の声「で?」と思ってしまう自分。
「まずい、まずい」最後まで聞かなければ。
忙しいと書いて、心なくすと言う。
この忙しい時に思ってしまう、「結果から伝えてくれないかなー」
すでに、面倒くさいと思っている自分がいる。
「で?」と考えている自分が多くなることは
自分にゆとりがないサインかもしれません。
そして「で?」が多くなった時は休むに限る。
相手の話を聞くときは「心を込めて聴く」べきである。
もし「で?」と思う自分がいるときは、とりあえず休むことも大事かも!
早さばかり求める人は「ハートワーク」が足りないかも。
仕事は「ヘッドワーク」「フットワーク」「ハートワーク」
三位一体のダイナミックなものである。
「で?」と思ってしまう自分がいるときは。
なにかアンバランスかもしれませんね。

2017年5月22日月曜日

独楽(こま)

管理者は独楽の芯のようです。
芯がぶれれば、すぐこけてしまう。
その芯は語らなければなりません!
何をしたいのか?そして何を目指すのか?
管理者は「夢や希望」を語り続けることが大切です。
暗黙知で分かるはずがありません。
以心伝心でスタッフはまとまるはずがない。
「後ろ姿」や背中で語っても伝わりません。
自分の言葉で誠心誠意、真心こめて伝えなければ。
日々起こる目の前の出来事ばかりに対処している人は
管理者よりもスタッフリーダーで良いかもしれません。
管理者は少し先を見据えて、語り行動すること。
そして何より「任せて育てる仕事術」を身に着けて。
騒いでいても解決しません。
なぜならば「静かな独楽ほど良く回る」ものですから!

2017年5月15日月曜日

限りなくグレーであること!

若いころは「白黒はっきりしていること」が素敵と思っていました。
年齢を重ねていくと、「白か黒かより」「限りなくグレーである」ことも素敵だと思う。
若いうちは人に合わせることよりも『とんがっていること』も大切です。
若いころから媚びることばかり考えている人は大成しません。
年齢を重ね、いろいろな経験を通して「とんがり」が丸くなり
白か黒かより、限りなくグレーも大切だと思う。
やはり、経験を通して、沢山の失敗体験を通して学ぶこと。
辛い体験や涙の数だけ人は成長するものです。
4月入職した新人さんたちは、5月病になる時期です。
世の中「白か黒」より「限りなくグレーであること」も大切です。
できるかできないかではなく、頑張っている自分自身を認め褒めてあげましょう。
そして、グレーも大切ですよ。
そして、アクセル踏み続けている人、深呼吸して少し減速。
そしてブレーキも大切にしましょう。
物事にはグレーも大切です、
そして「いい加減」は「良い加減です」


2017年5月7日日曜日

当たり前

大型連休を終え、明日から仕事という方
「やだなー」と思う人。
「明日から頑張るぞ!」と思う人。
それぞれの思いは異なるでしょうね、きっと・・・。

私個人は、信頼している仲間の一人の体調が気になり
短くもあり、長かった連休でした。
そして、ずっと考えていたこと。
「当たり前に見えること、当たり前に聞こえること、当たり前に動けること・・・」
この当たり前は、当たり前でないこと。
そして、私たちの普通は、誰かにとっては普通でないこと。

おちゃらけたように、「大変ですね、手伝いましょうか?」
なんていう人に限って手伝う気なんてサラサラないケースが多い。
(多少、偏見ですが・・・・)
本当につらい人に「大変ですね」なんて軽率に言えない。
ましてや、大切に想う仲間には決して言えません。

ただ思うことは。当たり前を、当たり前に思わないこと。
仲間の分まで明日からコツコツ頑張ること。
そして、大事なことは、当たり前に働けることに感謝すること。
1日も早い回復を願いながら過ごした連休は、短くもあり、長くもあった。
そして、当たり前は当たり前でないこと!
ただそれだけでした。



2017年4月30日日曜日

出発!

1ヶ月間の新人研修が終了し、いよいよ現場へ!
期待と不安が入り混じっている新人。
でも、忘れないでね!「今の気持ちを!!」
効率の良さばかりや要領の良さばかりを求めてはいけません。
不器用な人こそ誠実で真摯である。
要領の良さばかり目立つ人に多い「手抜き!」
現場に出ると辛いことや泣きたい事もあるでしょう。
でも、辛い体験や泣きたい出来事があなたを成長させますよきっと!
そして大事なことは「あなたは一人ではありません!」
共に喜び、共に悲しむ仲間がいます。
どうか、成功体験も大切ですが、失敗体験も大事です。
私の新人の頃は先輩に言われました。
「愚図でのろまな亀みたい!」
でも思いました。あっせて、早く、早くよりも
「確実に丁寧に行うことが患者さんのためだもん」
新人の頃から生意気な私でした。
確実に丁寧に行うことは効率の良さに繋がります。
焦らず、自分らしく初心を忘れずに頑張りましょう!
共に。
「共に喜び、共に悲しみ、沢山、沢山感動ある日を過ごしましょう!」
そして、出発進行です。